SHOPコインのショップ導入時の詳細公開

こんにちは。
SHOPCOIN運営チームです。

いろいろと水面下で活動していた下準備もそろそろ一段落となります。
間もなくショップの開拓、登場とつながっていきます。

それに向けて、直近のルールをご案内いたします。
これはテスト仕様であり、状況確認しながら完成形へ向けて開発をしていきますことご理解ください。

基本的な流れ

①前提
参画いただいたショップ専用のDISCORDアカウントを運営チームが用意します。
IDとパスワードはショップ様と共有します。
これに現在のUZURAS bot(うずらウォレット)と連携します。
また、希望のショップには専用のチャンネルも作成いたします。
※当面の間、この運用がショップの負担となる場合は運営が代わりに対応します。

②予約(希望時)
直接店舗様のアカウントへDM、もしくはショップのチャンネルがある場合はそこでやりとりをしてください。
ショップから返信で予約が完了された連絡があってはじめて予約完了となります。ご注意ください。
ショップ側が常にDISCORDにいるとは限りません。
予約については電話などで行った方がより確実です。

③SHOPトークンの送付
送付方法はDISCORD内でショップのアカウントにチップをする形で行います。
『tip shop 枚数 @お店のアカウント名』
を専用のコマンドルーム(shop-pay)へ投稿してください。

※送付する手数料などはかかりません。
※botが稼働していなくても、そのコマンドが入力されていればOKです。
※残高不足、コマンドミスは無効です。

④ショップの店員さんへ確認
あなたのアカウント画面を見せてコマンド入力した本人という確認をしてもらいましょう。
これで完了です。

使用されたトークンについて

ショップのアカウントに送られたトークンはbarnアドレスへと送金することにしました。
これは、barnする際に『総発行枚数を減らす』ことよりも、『使用された枚数の可視化』を意識しました。
秘密鍵を持たないアドレスへ一定期間後にまとめて送金をしていきます。
当該アドレスは確定後にお知らせいたします。

中期的な視点

このモデルは、今後どの形で提供していくのがベストかを見ていく為のものになります。
気軽に使えるものとして、最初はDISCORDのbotを利用していくことにしました。
導入を進め、実用化されながら、改良、開発し、最終的な形を作っていきます。

また、トークン自体もロードマップにあるように完全体ではありません。
最終的な構造を決定後、新コインへスワップを行う可能性があります。

その場合でも開拓したショップやそれまでの流れを継承するので無駄にならないように行います。

ショップにトークンを利用することもプロジェクトへのお手伝いとなります。
皆様のお力をお貸しください。

よろしくお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です